Raspberry Pi 4 セットアップ・OS (Raspbian)のインストール方法

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)とは

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)とは教育用の安価なコンピュータとして開発された「ワンコードマイコン」と
いわれる小型のコンピューターです。

セットアップで用意するもの

・RaspberryPi本体(Raspberry Pi4を使用

・MicroSDカード
・電源
・HDMIケーブル
・キーボード
・マウス
・モニター

RaspberryPi4の起動

パソコンの場合はSSDやHDDにWindowsやMacといったOSがインストールされて起動していますが
Raspberry Piの場合はmicroSDカードに書き込まれたOSが起動する仕組みです。その為、microSDカードにOSを書き込む必要があり、RaspberryPi本体にmicroSDカードをセットし電源を入れて起動していきます。

 

PCにRaspberry Pi Imagerをインストール

「Raspberry Pi Imager」とは、microSDカードにRaspberry PiのOSを書き込むためのツールです。
今までは「NOOBS」を使っていたようですが、現在はRaspberry Pi Imagerを使うようになったようです。

https://www.raspberrypi.com/software/

 

 

Raspberry Pi Imagerをインストールします。

 

Raspberry Pi OSをMicroSDカードに書き込んでいく

 インストール完了後、Raspberry Pi Imagerが立ち上がります。

※閉じてしまってもスタートメニューからも起動できます

MicroSDカードをPCに接続し、「CHOOSE STORAGE」を選択し、
接続したmicroSDカードのデバイスを選びましょう。

Raspberry Pi OS (32-bit) を選択します

 

WRITE(書き込む)を選択

You can now remove the SD card from the reader」と表示されたら

書き込みが完了です。MicroSDカードを取り出してください。

 

ラズベリーパイを起動する

書き込みが完了したMicroSDカードを本体にセットします

 

電源を入れ起動すると「Welcome to Raspberry Pi Desktop」と表示されます。
後は画面に沿ってセットアップしていけばOSのインストールは完了です。