【チームビルディング】Who am I?チーム全員で自分たちの作業を深く知る

★はじめに

業務を行う上で、お客様より要望を受けた際、曖昧でイメージが湧きづらいというケースが多々あります。
的を捉えた質問で、かつ少ない回数のやり取りで、お客様より回答を得て、自身が持つ作業イメージを明確にしていくことが必要となります。
この能力がない場合、お客様との認識のズレに気づけず、受入テスト段階で初めて発覚することもあります。
このグループワークでは、見えない事柄を明確にする為にチームで話し合い、素早く、正確に正解にたどり着く訓練をゲーム感覚で体験してもらいます。

★最短でプロエンジニアを育成する事への効果

  • チームでの会話量を増やしコミュニケーションを活性化させることで、チーム単位での業務効率を上げられる。
  • 質問内容を精査し、取捨選択することで質問力の精度を向上させ、短時間で合意形成を実現することができる。
  • 想像力を養い、ゴールまでの最短ルートを導き出せる思考力を身に着け、的確な判断で業務を遂行できるようになる。
  • チームで何かを達成する喜びを体験し、仕事に対するチーム意識を高めることができる。

★具体的な進め方

1.各チームで相手の名前を話し合って決める。
一般的に知られている名前(人、モノ、場所など)
決めたら、個別にファシリテーターに教える。

2.1分間で質問3つ決める
個別会話の可能なチャットツール(spatialchatなど)で、各チーム集まって会話する

3.全員集まり質疑応答開始
先攻後攻はじゃんけんなどで決める。
先攻:自分の名前に関する質問を3つ相手に出し、回答してもらう。
後攻:先攻と同じ

4.質疑応答が終わったら、自分の名前を宣言する・しないを決める
宣言する:「我々は〇〇です」と宣言し、合っていれば終了。間違っていた場合は、次の質問が3つ→1つになる
宣言しない:次のターンへ。質問は3つのまま

2~4を繰り返し